昭和元年の東京。新派の劇作家である松崎は偶然に、美しい謎めいた女性、品子という女と三度とも奇妙な出会いする。松崎は、女の話をうっかりとパトロンである玉脇に話した。しかし、ふと気が付くと玉脇の豪邸の一室は、松碕が品子と会った部屋と瓜二つである。品子は玉協の妻かもしれないと松崎は恐れた。何日か後に松崎は品子と後姿の似ている振袖姿のイネと出会う。女は「玉脇の家内です」と言う。しかし、イネは、松崎と出会う直前に亡くなったという。松崎の下宿の女主人みおは、玉脇の過去について語った。玉脇はドイツ留学中、イレーネを見初めて、日本に連れて来て金髪を黒髪にして日本人にならせようとした。無理がたたりイネは病気で入院してしまった。その後玉脇は品子を後添いにしたという経緯があった。突然に品子から松崎へ手紙が来た。「金沢、夕月楼にてお待ち申し候。三度びお会いして、四度目の逢瀬は恋死なねばなりません」と言う恋文のような内容であった。奇遇な事に、金沢に向う松崎は列車の中で玉脇に出会う。玉脇は唐突に金沢へ亭主持ちの女と若い愛人の心中を見に行くと言う。旅館へ向かう途中に品子と亡くなったイネが舟で川を渡るのを偶然に発見する。狐につままれたように宿へ向かうが女は居ない。しかし、やっとめぐり会えた品子は、手紙を出した覚えはないと語る。玉脇に仕組まれた心中劇としり、愕然とする松崎。失望した松崎は、アナーキストの和田と知り合う。和田は松崎を謎めいた人形の会に誘う。人形を裏返し、空洞を覗くと、男と女の情交の姿が模られていた。松崎が人形を覗くと、人妻と若い愛人が背中合わせに座っている。松崎は薄気味悪く感じ、金沢を後にする。彷徨ながら、ふと子供が芝居をする小屋に入ってしまう。舞台では、玉脇、イネ、品子の事を風刺したような奇妙な芝居が始まっている。謀られたとプライドを踏みにじられた松崎は、愛憎のあまりに狂ったように舞台を壊す。東京に帰ると、品子の手紙が待っていた。「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頬みそめてき」

松崎は夢が現実を変えたんだと夢うつつでつぶやいた。

泉鏡花原作を鈴木清順が映画化。

松崎役に故松田優作、品子役に大楠道代、イネ役に楠田枝里子、玉脇役に中村嘉葎雄、ミオ役に加賀まりこ、和田役に原田芳雄と個性のある配役で耽美を極めた美しい映像に魅せられる。

中でも大楠道代が妖艶で美しい。

ミオ役の加賀が若々しく素敵で「女にとって惚れるも恨むも同じ事ですよ」という毒のあるセリフが似合う。

物語は表と裏、虚と実、死と生、愛と憎悪、女の情念と共に描き出す。

印象深いシーンにホウズキの入った桶のなかで品子が眼を開けて、紅い玉に沈み込む。

紅い実は命を表すという。

博多人形の空洞の中に広がる淫靡な世界は、情念の表と裏を表現しているのか。

死んだ女と生きている女が同時に交錯しながら、松崎を惑わせ、虚と実の中へ彷徨わせる。

題名の通り、陽炎のように実体がないが、

アートを巡る旅
美しく儚い夢を見ているような映像だった。アートを巡る旅