終戦間近の1945年8月8日の長崎で、一組の結婚式が行われようとしていた。花嫁は看護婦のヤエ、花婿は工員の中川庄治だった。戦時下ゆえいつ空襲になるかわからないこともあり、つつましやかに取り行われた。写真を撮り終えたところで姉のツル子が陣痛を訴えた。ヤエの同僚の亜矢は妊娠3ヵ月だったが、恋人の高谷藤雄は呉へ行ったきり音沙汰がなかった。ツル子の家には産婆がやってきて、「産まれるのは夜になるだろう」と言った。母・ツイはツル子に取っておきの小豆をお手玉から取り出して煮て食べさせてやった。ヤエの妹・昭子は恋人の長崎医大生・英雄と会っていた。英雄は赤紙が来たことを告げ、駆けおちをすすめたが、昭子は「それでも男ね」と突っ撥ねた。石原継夫の勤務する俘虜収容所でイギリス兵が病死した。継夫は俘虜といえ見殺しにした軍に悟りを感じていた。そしてその夜、やりきれなさから継夫は娼婦を抱いた。庄治とヤエは初夜を迎え、ツル子は男児を出産した。誰もが明日に向かって精いっぱい生きていた。8月9日の朝、いつもと少しも変わりはなかったが、午前11時2分、長崎に原子爆弾が投下された。

というストーリーである。

88年の黒木和雄監督の戦争レクイエムの三部作の中の一作品である。

長崎の原爆投下までの家族の一日を描いている。

明日の事は、どんな人にも予測が出来ない

この中の登場人物は、明日がどんな日になるかを想像もせずに、淡々とつつましく、希望を捨てずに日々を生きている。

そこに運命の残酷さ、戦争の惨さを思い知る。

災害も似ている。

明日、どこに地震や津波が起こるなんて、誰も予測は出来ない。

やってきたときにしかわからないだろう。

それに備えてというが、その時にどこで何をしているかまで把握できる人は少ないだろう。

人には天命があり、それを自分自身でコントロールや予想は出来ないから、人間は明日に希望を持って生きられる。

人と言うものは、生かされている存在と気づかされる映画であった。

アートを巡る旅