六根は人間の認識の根幹である。それが我欲などの執着にまみれていては、正し清浄い道(八正道 )を往くことはかな清浄わな清浄い。そのため執着を断ち、魂を清らかな状態にすることを言う。そのため不浄なものを見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないために俗世との接触を絶つことが行なわれた(山ごもりなど)。

六根清浄とは、究極の浄化方法である。