国立西洋美術館のモネの睡蓮です。

時間のうつろい、超次元的な作品です。

何時間も眺めていても飽くことの無い理由は、時空間を越えた超常現象的な作品だからでしょうか?

モネは晩年は目を病んでいたと言います。

池の水面に咲く睡蓮を題材にした単なる風景画ではありません。

この絵には、あの世とこの世が続いている事を表しています。

年末は、多分美術館も空いているでしょう。

こういう名作を所蔵品展で眺めるのも贅沢な過ごしかtでしょう。