マルモッタン・モネ美術館の門外不出の至宝と言われる作品群が東京都美術館で公開されました。

モネはもともと好きな画家で、単なる風景画と感じない部分に惹かれてきました。

あの世とこの世の狭間を感じさせ、高次元時空へ引き込まれるような感覚にとらわれます。

モネの睡蓮の表現は、あの世からの俯瞰の世界のようにも思えてくるのです。

モネの晩年は、愛する家族の死や白内障の悪化による視力の著しい低下により、困難に満ちた不安定な日々だったといいます。

しかし、まるで悟りを開いたように、画業に取り組んだモネ.

モネの睡蓮は永遠にひっそりと咲き続けるでしょう