女は顔を伏せ近づく機会を男に与えるが、

男には勇気がなく女は去る

年華ジャーナリストのチャウ夫妻が引っ越してくる。アパートの隣の部屋にはチャン夫妻が引っ越して来た。

チャウの妻とチャン夫人の夫は仕事のせいで不在がちだ。

残されたチャウの夫とチャンの妻は、家に一人にされることが多い。

お互いの妻と夫が浮気していることを偶然知り、徐々に二人は親密になっていく。

花様年華とは、満開の花のように成熟した女性が一番輝いている時の事

レオン・カーウォイの花様年華は、そういう意味があるらしい。

マギーチャンの妖艶な美しさが心に残る作品である。

トニー・レオンは良い意味でマギーを引き立てている。

チャイナドレスに魅せられてしまうが、時代的なディティールにこだわっているのがよく分かる。

ヘアスタイルから衣装、音楽にいたるまで見事なまでのムードが感じられた。

ナットキングコールの甘くせつないメロディが良く似合う。

ラブシーンはほとんどない映画であるが、二人の濃密な関係が空気として伝わってくる。

日々雑感

日々雑感