イサム・ノグチの母親レオニー・ギルモアの生涯を描いた映画。

ドウス昌代の「宿命の越境者」を原案に、松井久子監督によって描かれている。

「宿命の越境者」は読みかけの本だが、良く取材していて興味深い。

レオニーというアメリカ人の女性が、詩人野口米次郎に出会う事で、運命を翻弄されながらも、自分の意志と力で生きていく。

前々から見たいと思っていた映画だったが、TUTAYAでレンタルできて、やっと見る事ができた。

芸術家の生涯を描いた映画は多いが、その家族を描いた映画は意外と少ないと思う。

イサム・ノグチの作品数は莫大で、時代が戦争を挟んでいる事もあり、波乱万丈で、女性たちとの遍歴も多く、本人を映画にするには大作になると思う。

いつか、誰かが映画にして欲しいと思う。

その母も然り、誰にも縛られない自由な魂の持ち主である。

劇中で「退屈な人生ならえらばない」というようなセリフがあった。

イサムが医者を志して大学で学んでいる時に「あなたは芸術家であるべき」と薦めるレオニーは、彼の資質、才能、本質を見抜いていたのだと思う。

アートを巡る旅