横須賀まで、百花繚乱を見に行った。

百花繚乱 女性の情景展 生きて行く私だそうだ・・・

まさにタイトル通りに、明治、大正、昭和の移り変わる日本と日本女性の姿を描き出した展覧会であった。

画家とモデルの関係性は、創作活動において共同作業のパートナーでもあるように感じる。

その女性が現実で歳を重ねようとも、画布の中の彼女は幼い童女のまま時を重ねる

まるで、岸田劉生の麗子像のように、仏画の如く、神聖で神秘的。

実際の成長した麗子さんは美しい方であったと聞く。

岸田の描く我が子である麗子像はグロテスクで妖気冴えも感じる。

肖像画家として、首狩りとまで異名をとった岸田の制作の背景には、対象の魂まで写し撮ろうとした鬼気迫る迫力がある。

梅原龍三郎の高峰秀子像も印象深い。

梅原いわく「秀子さんは目が大きいのではなく、普通の人よりも眼の光が強いから、眼が大きく見えるのだ」

彼女の華のある存在感、生命力、個性を見事に描き出している。

梅原龍三郎は好んで、高峰さんをモデルにして、作品を制作している。

彼らの互いを理解し、息のあった関係性を如実に作品に感じる。

他にも気になる作品は沢山あったが、見ていて思ったことは、描かれる彼女たちそのものの存在感や生き方、意志なるものが具現化し、作家の魂と一致したとも感じた。

アートを巡る旅
アートを巡る旅