アートを巡る旅

1926年のパリ、モンパルナスのカフェ・モダンズは時代の先端を行く芸術家が集まるサロンである。画家として成功を夢見てシカゴからやってきたニック・ハート(キース・キャラディン)は、ある日そこで、たたきあげの実業家と言われるストーン(ジョン・ローン)に寄り添うレーチェル(リンダ・フィオレンティーノ)に目をとめる。実はハートとレーチェルは、かつて結婚していたが、貧しい芸術家の生活に嫌気をさした彼女がハートのもとを飛び出していたのである。そしてハートは、ガートルード・スタインのサロンで彼を挑発するレーチェルを人前で殴り、それを侮辱と取ったストーンは決闘を提案し、ボクシングの試合で彼をさんざん痛めつけるのだった。一方画家としてハートは、バランタイン(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)の画廊にかけられた彼の絵は、斬新すぎて買手がなく、親友オワゾー(ウォーレス・ショーン)の書くゴシップ記事にイラストを描いていた。そんな彼のもとに、バランタイン画廊の得意先ナタリー(ジェラルディン・チャップリン)が、贋作づくりを依頼する。夫の鼻をあかすためにそれを企てるナタリーであったが、ハートが贋作を仕上げた頃、その夫は急死し、彼女は支払いを拒否する。そして泥棒を雇って絵を取り戻そうとするが、彼らが盗んでいったのは贋作の方であった。オリジナルを手にしたハートは、バランタインと組んでストーンに絵を売りつけるが、彼の絵画コレクションでそれらの絵を見たナタリーは、ストーンのコレクションを罵倒し、逆上した彼は本物の絵を焼いてしまう。一方その頃には、ハートとレーチェルの愛は再燃しており、悪徳と商業主義のパリにみきりをつけたオワゾーの誘いで3人はハリウッドに行こうとしていた。そして彼女から事の真相を告げられたストーンは絶望から川に身を投げ、彼の自殺にショックをうけたレーチェルは出発の場所にやっては来なかった。ニューヨークに着いたハートとオワゾーは近代美術館にナタリーの贋作が本物として堂々と展示されているのを見てほくそえむ。そしてそんな2人の前に、ハートの愛の確信を抱いたレーチェルが姿を現わすのだった。

学生時代に見た映画。

最近銀座を歩いていたら思い出した。

銀座の映画館で見たのかもしれない。

他愛無いストーリーであるが、時代背景が興味深く、それなりに楽しめたと記憶する。

贋作が横行していただろうと推測できる

キース・キャラダインも63歳だそうだ・・・

ジョン・ローンが若く美しい。最近は噂すら聞かないが・・・・

月日がたつのは早い

映画自体は評価が低く、ぱっとしなかったのはなんとなく覚えている。