マルチェロ(J・L・トランティニャン)は健康な青年だったが、十三歳のとき体験した事件がぬぐいさることができない。友だちにいじめられているところを軍服姿のリノ(P・クレマンチー)が助けてくれ、家に連れていかれた。リノはかつて牧師であり、その自分が少年に慾望を抱いたことで傷つき、マルチェロに拳銃を渡し、撃つように頼んだ。マルチェロは引金をひいてその場から逃げた。大人になったマルチェロは、殺人狂かもしれない自分の血筋から逃れるために、熱狂的なファシストになっていった。大学で哲学の講師をしている彼は、大佐から近く内務省に出頭するよう命じられた。そして、彼の恩師であるカドリ(D・タラシオ)について調査せよとの命令が下ったとき、彼は婚約者のジュリア(S・サンドレッリ)との新婚旅行と、任務を同時にやりたいと提案した。パリに亡命しているカドリを訪ねるにはうってつけの口実だ。政府のエージェントとしてマニャニエーロ・(G・マスキン)が同行することになった。やがて命令が変更され、カドリから情報を得るだけでなく、彼の抹殺に手をかすよう要請された。パリに着いた新婚夫婦はカドリの家へ招待され、彼が最近婚約したアンナ(D・サンダ)に紹介された。数日後、ふた組の夫婦がレストランで会ったが、片隅にはマニャニエーロが隠れていた。アンナがサボイアにある彼女の家へ行こうと誘ったが、マルチェロと二人きりになりたかったジュリアが断わると、明日ベルサイユに案内しようといった。再び尻ごみするジュリアを、マルチェロが注意し、結局その夜はサボイアの家に泊ることになった。夕食の後、四人はダンス・ホールへ行った。マルチェロは、後をつけてきたマニャニエーロに、明日はサボイアの家からカドリが車で一人ででるだろうと教えた。ジュリアとアンナをベルサイユに連れて行けば、カドリは一人になるはずだった。翌朝早く、マニャニエーロが電話でカドリがでたことを知らせてきた。しかしその車にはアンナも乗っていた。二人が乗った車をマルチェロとマニャニエーロの車が追った。そしてマルチェロの目の前で、アンナもカドリの道連れになって殺された。数年後、マルチェロはジュリアと小さな娘の三人でローマのアパートで暮していた。一九四三年七月二五日、ラジオがファシズムの崩壊を報じた。盲目の友人イタロから電話があり、町にいっしょにいってその状況を説明してくれという。彼はイタロを連れて大混乱の夜の町を歩き、曲り角へきたとき、自分の目を疑った。少年の日の思い出が、奔流のように彼の頭の中をかけぬけた。そこには自分が射殺した筈のリノが生きているではないか。

昔見た映画。ベルトルッチが大好きで、彼の作品の中で、ラストタンゴ・イン・パリの次に好きな映画。

昔のTVドラマで原作が連城三紀彦で脚本が荒井晴彦、全共闘世代の外科医(三浦友和)が人生に躓き、余貴美子扮する悪女に翻弄されというストーリー「盗まれた情事」だが、その中で、暗殺の森の事が出てくる、三浦友和と余貴美子が映画の中のシーンのように森の中を歩く姿が印象深い。

主人公がマルチェロに自分の姿を投影していると言う表しなのだけれど・・・

なかなかTVドラマにしては良い作品だった。話は脱線しましたが・・

暗殺の森でのシーンの一つ一つが秀逸で、特にアンナとジュリアのタンゴを踊るシーンなんて見とれてしまうほど魅惑的なシーンの一つ。

また、最近見たい映画の一つになってしまった。

ラストタンゴ・イン・パリでもマリア・シュナイダーとマーロン・ブランドが踊るシーンがある。

ベルトルッチの十八番だろうか?

アートを巡る旅

つくづく、ドミニク・サンダは美しい人だったなという印象がある。

昔の女優は神秘的で存在感がある