最近、何故か物足りない、寂しいなと思っていたら、しばらく庭園美術館へ行っていませんでした。

あのロケーションは素晴らしく、アール・デコを堪能しながら、芸術に触れられる環境は得がたいものでありました。

時代背景もあり、贅を凝らして創られた建築物は、長い時を経ても、変わることなく人々を魅了します。

平成26年には、開館する予定で工事が進められているようです。

待ち長い気はしますが、後世に遺すべき必要な修復なので、当分は見守っていたいと思います。

東京都庭園美術館は 朝香宮あさかのみや邸として1933年(昭和
8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれかわりました。

 この建物は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式を 現在に伝えるものです。フランス人デザイナーが、主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮たくみりょう の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。 当館は従来の美術館とは異なり、建物自体が美術品といえます。そして、作品とその観賞空間との間に 交感が生まれるような、新しい美術鑑賞の在り方を提案しています。美術館は広大な緑溢れる庭園に囲まれ、自然と建物と美術作品があわせて楽しめる環境に恵まれ、そこに庭園美術館の名も由来しています。

アートを巡る旅
アートを巡る旅

アートを巡る旅

場所柄も緑豊かで、都心と思えぬほどの閑静な場所ですね。

また、訪れて見たいものです