モロッコに住む幼い兄弟のアフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)は、親から一挺のライフルを手渡される。幼いユセフは山道を走るバスを狙って一発の銃弾を試し打ちした。その観光バスに乗っていたのが、アメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。彼らはまだ赤ん坊だった三人目の子供が急死してから、夫婦の絆の亀裂を修復できずにいた。そんな時、ユセフの放った弾丸がスーザンの鎖骨の上に命中する。リチャードは重症のスーザンを抱えて医者がいる村へと走った。アメリカに残された彼らの幼い子供たち、兄のマイク(ネイサン・ギャンブル)と妹のデビー(エル・ファニング)は、メキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラッザ)に連れられてメキシコに向かう。リチャードとスーザンが帰国できなくなったので、アメリアは息子の結婚式に子供たちを連れていくことにしたのだ。やがて問題のライフルの書類上の所有者が、日本人の会社員ヤスジロー(役所広司)だと判明。彼は最近妻が自殺したことで激しい心労を抱えており、聾唖である高校生の娘チエコ(菊地凛子)との溝が深くなっていた。チエコは友人たちと渋谷で遊び回り、自宅に若い刑事(二階堂智)を呼び出して裸で迫るが、刑事に拒否される。そんな時、息子の結婚式を負えたアメリアは、再び子供たちと国境に向かう。だが飲酒運転がバレた甥のサンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、アメリアと子供たちを砂漠に置き去りにして逃走してしまった。翌朝、灼熱の太陽に意識が薄れていくデビー。泣きながら助けを求めるアメリア。一方、リチャードは衰弱しているスーザンと久々に優しい語らいの時を過ごす。そして日本では、チエコの心の傷に気づいたヤスジローが、久々に娘を抱きしめるのだった

数年前の映画、最近になって思い出した。

これと連動して思い出した映画は、「クラッシュ」

どちらも想念で世界は繋がっている、人種や国境を越えて、意識下の世界で繋がっている言う事を伝えたかったように私は受け取った。もしくは共時性、シンクロニシティである。

たった一発の銃声が人々の運命を変えて、国境を超え、全ての人々の意識まで変えていく。

想念の伝達は、インターネットの如く高速で伝達され、複雑に絡み合い、物理的結果を招く。眼に見えない振動波が互いに干渉し合う時に現象が起こる。

一見関連がないように見える互いも知らない遠く離れた登場人物が、実はお互いに影響を与え、また運命さえ翻弄される。

インターネットが普及した現代、瞬時に世界は経済、政治全て繋がり、関係性の中で共存している。

情報が伝達する速さの如く、人々の思念、想念の伝達も高速化しているのではないかとさえ思う。

大きな意味で言うと、災害やテロや飢餓や貧困、事件、事故も全て、人々の意識下の想念が起因しているのではないかと言う事。振動波が干渉しあったときに因果として現れる。

ならば、振動波を変えるには、思念、想念を大幅に変えるしか方法は無いという事。

常に平和を祈念し、互いを尊重する、認め合う気持ちが世界を変えるという事を映画で表したかったのだと思う。

眼に見えないお互いの心の在り様が、周囲を変え、国を変え、世界にも普及し、影響を与える。

そういう世の中になってきているのだなと常々実感する。

アートを巡る旅
アートを巡る旅