漫画作家の間でもカルト的な人気があり、70年代の漫画史に異彩を放った天才漫画家岡田史子さん。

萩尾望都や竹宮恵子らの大家にも多大な影響を与え、憧れられたカリスマだった。

その作風は、哲学的、観念的で、少女マンガの枠を超えた。

アートを巡る旅 少数の単行本を残して筆を折った彼女は、北海道へ戻り、ごく普通の主婦として短い生涯を終えたとの事。

アートを巡る旅 数々の名作は読み継がれ、未だに多くの漫画家に影響を与え続けている。

大衆に迎合せずに、孤高の作家として独自の作品を作り上げた。

アートを巡る旅

全ての作品が渾身の出来栄え、且つ作画も美しく芸術的です。

岡田史子のような漫画家はただ一人でした。

彼女は人にまねが出来ないような独創性と芸術性と創造性を持っていました。

天才は夭折する。まさにそれが彼女でした。