アートを巡る旅

アートを巡る旅

今日は、何年かぶりに浅草寺へ厄除け祈願に行ってきました。

江戸情緒が残る町並みに郷愁を感じますね。

浅草寺の由来とは

飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝、檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟が江戸浦(隅田川)に漁撈(ぎょろう)中、はからずも一躰の観音さまのご尊像を感得(かんとく)した。郷司(ごうじ)土師中知(はじのなかとも:名前には諸説あり)はこれを拝し、聖観世音菩薩さまであることを知り深く帰依(きえ)し、その後出家し、自宅を改めて寺となし、礼拝(らいはい)供養に生涯を捧げた。

大化元年(645)、勝海上人(しょうかいしょうにん)がこの地においでになり、観音堂を建立し、夢告によりご本尊をご秘仏と定められ、以来今日までこの伝法(でんぼう)の掟は厳守されている。

広漠とした武蔵野の一画、東京湾の入江の一漁村にすぎなかった浅草は参拝の信徒が増すにつれ発展し、平安初期には、慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)さま(794~864、浅草寺中興開山・比叡山天台座主3世)が来山され、お前立のご本尊を謹刻された。

鎌倉時代に将軍の篤い帰依を受けた浅草寺は、次第に外護者として歴史上有名な武将らの信仰をも集め、伽藍の荘厳はいよいよ増した。江戸時代の初め、徳川家康公によって幕府の祈願所と定められてからは、堂塔の威容さらに整い、いわゆる江戸文化の中心として、大きく繁栄したのである。かくして都内最古の寺院である浅草寺は、「浅草観音」の名称で全国的にあらゆる階層の人達に親しまれ、年間約3000万人もの参詣者がおとずれる、民衆信仰の中心地となっている。

(浅草寺HPより抜粋)

外国人の観光客が多く、人力車も繁盛していました。

周りを見渡すと、スカイツリーや炎のオブジェのあるアサヒビール本社の景色が吾妻橋の紅と隅田川に映えて、なかなかの絶景でした。

アートを巡る旅

江戸散歩をしながらの和の伝統工芸を発掘するには、最適な場所と感じました。

http://www.amusemuseum.com/blog/museum-shop/cat04-01/

アミューズ・ミュージアム

布文化と浮世絵の美術館、和のセレクトショップとして、一見の価値があります。

アートを巡る旅

上は、思わず買ってしまったもの。手の込んだ手工芸の袋物です。

http://bunkoya.ocnk.net/page/86

こちらは文庫屋 大関というお店です。文庫革は播州姫路で生産される姫路革とも呼ばれる真っ白な革を使用し独特な加工を施した工芸品です。伝統文化を育み、革を芸術品のように美しく彩っています。

アートを巡る旅

美しい模様に心が癒されますね。

寺院で清められて、伝統工芸に癒されて、良い時間が持てました。