マルセルデュシャンの展覧会が東京都博物館で開催されていた。

デュシャンが日本美術に影響を受けていたという興味深い切り口での展覧会だった。

芸術でないものを芸術家の解釈により、より芸術に近づけるという作品

見るだけでは無く、観るものが考える芸術

現代美術の先駆けでもあり、その功績は大きい

千利休の影響を受けている事も興味深い

博物館自体が歴史を感じさせる建築で、今回の展覧会とマッチして良かった