上野公園は遅い紅葉が色づいて、賑わいを見せている フェルメール展も賑わっていた フェルメールという画家は、生前の評価はそこそこであった 忘れ去られた画家であったフェルメールは、19世紀になり、また注目を集めることになる 贋作事件もミステリアスな話題の一つだ 光の魔術師ともいわれる作品は、描かれた人物の部屋をのぞいたような物語性をも感じさせる まるで映画のあるシーンを切り取ったようについ、その後のストーリーを考えてしまう
フェルメールブルーと言われている鮮やかウルトラマリンの青に目を引かれる
ラピスラズリを砕いた絵の具を使用していたという
静謐な中に、その当時の描かれている人が語りかけてくるような絵に心惹かれる人も多いだろう