伊藤若冲

象と鮫図屏風

鈴木基一

百鳥百獣図

東京都美術館で開催している奇想の系譜展に行く

話題の若冲など、様々な江戸の美術が展示されている。

中でも若冲は、興味深い

象の謎めいた表情に惹かれる

この次の展示は若冲らしい

又、混雑が予想される

私が心惹かれたのは、鈴木基一の百鳥百獣図

様々な獣、鳥が精密に描かれている

若冲は、色彩が素晴らしい。

その当時の日本画が海外からの評価が高いのは、色彩、精密な筆致、構図の斬新さからであろう

日本の芸術、美術が、独自性を確立して、発酵、熟成している事を感じる