ロンドンにあるコートールド美術館から東京都美術館にて展覧会を開催されている

実業家サミュエル コートールドは、美術品をコレクションするだけでなく、世界有数のコートールド美術研究所という機関を作り、芸術を普及することに貢献した

中でも、マネのフォリーベルジェールのバーからは、バーのグラスや食器を触れ合う音や人々の会話まで聞こえてくるような感覚に、その時代に触れることが出来た

絵画を分析することも大切であるが、そのもの自体を感性で感じる事も意味があると思う